シドニーに来たら絶対行きたい!ライフセーバーの発祥の地・ボンダイビーチ

シドニーについてから雨が続いていたのですが、5日目にして快晴に恵まれたので、シティーから一番近いビーチに行って来ました^^

1.ボンダイビーチとは

 ボンダイビーチはシドニー市街から一番近いビーチとして親しまれています。シドニーのサーフィンのメッカでもあり、連日サーフィンスクールが開催されていたり、ボードを抱えた老若男女たくさん人たちを見かけます。また、ビーチ近くにあるボンダイパビリオンにはトイレや更衣室も用意されています!

 メインストリートは、ビーチ沿いに走る「キャンベル・パレード」。この通り沿いには、サーフショップやレストラン、カフェなどの飲食店が軒を連ねています。ビーチの手前には芝生が広がっているので、ピクニックを楽しんだり、スケートボードやビーチバレーなどもできて各々が楽しめるビーチです。

 毎週日曜日には、「ボンダイ・マーケット」がBONDI BEACH PUBLIC SCHOOLの敷地内で開催されていています。規模的にはそれほど大きくありませんが、個性的な雑貨やオーガニックコスメなどが揃っているのでお土産探しに行ってみるといいかもしれません。

 ちなみに、ボンダイビーチはライフセイバーズの発祥の地として有名です。みなさんはご存知でしたか??ボンダイはアボリジニの言葉で「岩に砕ける波」という意味。それ故海難事故も多かったそうです。そこで生まれたのがボランティアの人命救助隊であるライフセイバーズ。シドニーでは、ライフセーバーがサーファーや海水浴客を救助するテレビ番組「Bondi Rescue」が放送されているそうです。

2.ボンダイビーチへのアクセス

 シドニー市内から

  シティレールでボンダイジャンクションまで行き、そこからバス(333、380系統)に乗り換えCampbell Pde Terminusで下車。シティのTown Hall Staition からだいたい40分くらいで行くことができます。

 また、ボンダイ・ホップオン・ホップオフを利用する方法もあります。ボンダイ・ホップオン・ホップオフは、シドニー郊外や海岸線を走る観光バスで、セントラル駅を出発し、ボンダイビーチやダブルベイなどに停車します。

 ちなみに、ボンダイジャンクションから徒歩で行くことも可能です!(徒歩30分くらい)

 

3 感想

 今回ボンダイを訪れたのは、メルボルンにいた時にPerfect Portionという店の店員さんにおすすめされたからです。店員さんはシドニー出身で、私がシドニーに行くことを伝えると、ボンダイビーチとボンダイにあるめっちゃ美味しいオージーパイの店「Funky Pies」を教えてくれました。

 快晴ということもあり、ビーチはめちゃくちゃ綺麗でサーフィンをしている人もちらほら。私が訪れたのは6月の下旬で少し肌寒かったので、海には入らなかったのですが、さすがAussie!冬でもサーフィンしてる笑

 次回は暖かい時に来て、ぜひともサーフィンに挑戦してみたいし、ライフセイバーズの活躍も拝見したいです!

4 おまけ

 店員さんおすすめのオージーパイ↓

 パイは写真では小さい感じですが手のひらくらいのサイズで、マッシュポテト、グリーンピース、グレイビーソースを添えていただきました!マッシュポテトがクリーミーでめちゃ美味しい!パイももちろん美味しかったです。満腹になりました!

Funky pies

住所:

tel:0451 944 404